Honeysuckle~ママがセラピストになるとき

honeysuckl.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:The Work( 15 )

ワークで復活


かなりblogをさぼってしまいました
ごめんなさいっ(>_<)

「あ~忙しい!だから何もできないよ~」
と、思いながら過ごしてしまった11月・・・
でも冷静に考えると
なんか、意味もなく一人でばたばたしていたなぁ・・・

「もうちょっと、落ち着いてのんびりやっていこう」
そんなふうに、やっと思えたのは
さっき、電話でペアワークをしてから。

今日は「私はもっと余裕をもつべきだ」
という思い込みをワークしてみました。

ひっくり返すと
 ① 「私は余裕をもたなくてもよい」
 ② 「私の思考は余裕を持つべきだ」
 ③ 「私は余裕を持っている」
となります。
そして、この3つについて
真実だと思えるような具体例をあげていきます。

① 一人でいろんなことをして、大変なんだから
  余裕がなくて当たり前だよ  など
② 私の思考が、もっと今の仕事以外にも
  アロマの仕事も頑張れるはずとか、ママとしても
  努力しなさいとか・・・私自身を追い詰めている
  私の思考が余裕を持って私自身を認めて受け入れてあげればいい など
③忙しいといいながら、カレッジやこどものこと
  休日にもいろんなことをしている。
  余裕がなかったらできないよ など

こう考えると、私は自分が思っていたほど
余裕がなかったわけではなく
私の思考が、「私は余裕がない」と
思い込んでいたにすぎないんだ、と気づくことができます。

そう気づくと、あら不思議。
「もうblog書いている余裕なんてないよ~」
ってさっきまで思っていたのに
今、しっかり書けちゃったんだな(^_^;)
 
そして何にも状況は変わっていないのに
なんとなく「余裕のある人」になってしまったのでした。c0124790_0112062.jpg

写真は、怪獣くんがせっせと編んでくれたマフラー!
すごいでしょ♪
「ママにプレゼント」だって(*^_^*)うれしいな♪
牛乳パックと割りばしでできるそうです
今度のお休みに私も挑戦してみます

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2007-11-29 00:13 | The Work

心のお掃除してますか


早起きが苦手な私は、出勤前はバタバタ
今日は二日ぶりの掃除機になってしまいました

そしたら、髪の毛やほこりがけっこうたまってました
やっぱり毎日やらないとな~と反省(>_<)
どんどんたまっていっちゃうもんね

おうちのお掃除もそうですが
体や心のお掃除も大切ですよね

体のほうは週に1~2回は半身浴で
たっぷり汗をかいたりして
なるべく溜め込まないようにしいます

そして、心は・・・
毎日の「ワーク」ですね。

私は寝る前に、その日にちょっとでも心にひっかかったことを
全部ノートに書き出します
誰かに見せるわけではないので
遠慮なくどんどん書いていきます

そして、全部書ききったところで
すべてをひっくり返します

だいたい、他の人や、ものに対して思ったことは
すべて「私」に置き換えたりしているのですが
これがびっくりするほど
ピッタリくるんです

そして、他の人やものに対して感じていたことは
私のエゴや思い込みであったことに気づきます。
気づくと、不思議なくらい
スーっと楽になります

これってすごくシンプルだけど
とても効果的です

これをやってから
ホットパックを使って寝るとポカポカで
お布団に入ったとたんグッスリです♪

今日のおまけ
我が家の新しい家族 「ハゼオ」
c0124790_2213075.jpg
今日うちの怪獣くんは
お友達のご家族に釣りに連れて行ってもらって
楽しい一日を過ごしました♪
優しいご家族に感謝!です

本当は「天ぷらにでもしてね」と
釣ったハゼを持たせてくれたようなのですが
どうしても飼いたいそうです・・・

今まで何度いろんなものを飼いたいと言っては
干からびたり、プカ~となったりを見てきたことか(>_<)

ハゼオ長生きしてね!
(しかし、どうやって飼うんだろう??)

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2007-11-03 22:14 | The Work

親の思い込みを問い直す

The Workをやっていて思うのですが
「親子」という関係は
非常に思い込みが多い関係のように感じます。

これに気づけたのは
先日、ワークショップを開催してくれたMariさんからの
アドバイスです。

以下の内容は、
Mariさんからのアドバイスをもとに書いてみました。

かなりの長文です(^_^;)
お時間がある方はお付き合いくださいね。

私の場合ですが、子供と接するときに
「親だからこれはきちんとやらせなくちゃ」
「親だからこの部分はちゃんとしつけなきゃ」などなど・・・
たくさんの思い込みにしばられて行動していることがあります。

ワークでは他の人がやるべきことに対して
例えば「彼は~するべき」と考えることを
彼のビジネスにあなたが首を突っ込む必要がない
と考えます。
私は私のことを考えていればいいというわけです。

でも、「親」という立場になると
首を突っ込まずにはいられなかったり、
「そうするべきよ、だって何もいわないなんて無責任でしょ?」
と思ってしまいがちです。

そして、ついつい口をだしてしまう・・

例えば「子供が宿題をやりたくない」と言ってやらないとき。
私は、「やりたくないならいいわ」では
ちょっと親として無責任よね?と考えていました。

でも実はその根底には「私は常識ある親だと思われたい」
「宿題やらなかったら、私が先生にどう思われるかしら」
などという潜在意識が働いていました。

結局、私は自分が無責任な親だと思われるのがいやで
「宿題をやりなさい」と言っていたわけです。

そういう潜在意識の状態でいくら
「宿題はちゃんとやりなさい」といっても、
子供は敏感に感じ取り抵抗します。

でも、その潜在意識をクリアーにすると・・・

つまり、子供にも拒否する権利があることを認めた上で
「でも、お母さんはあなたに宿題をしてもらいたいな。
一緒にやろうか?」
というかんじでメッセージを伝えると、
不思議と子供は素直に動いてくれるものです。

よく考えたら、親だっていやな仕事を後回しにしたり
さぼったりなんてことはよくやっているのです。
それなのに、子供はそんな権利さえ与えられていないように
親や先生から「やりなさい」と頭ごなしに言われてしまう。
それは、たしかに子供としてはつらいことですよね・・・

だんな様に「きちんと掃除しておけよ」と言われるのと
「掃除したくない時だってあるよな。手伝おうか?」と
言われるのと、どちらがやる気になるかといえば
当然後者ですもんね。

そんな気持ちで接すると本当に子供は別人みたいになっちゃいます。

こちらがクリアーになれば
もともとピュアなこどもたちですもの。
とてもよい関係が築けるのですね。

実際、ワークショップ直後の私はかなりよい状態だったので
いつもなら、絶対「はい」「うん、いいよ」なんていう言葉が
でてこないであろうという場面で
子供がすんなりと言うことを(お願いを)聞いてくれたのには
びっくりしました。

そして・・・え~と、今はですね(^^ゞ

またほこりのように、思考の邪魔がちょくちょく入るので
改善率50%くらいかしら?
でも、かなりの進歩ですね!

これに関してはMariさんのblogの
「正しいだけでは伝わらない」という記事に
かなりわかりやすく書いてくださっているので
ぜひ、読んでみてくださいね。

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2007-10-15 23:50 | The Work

ペアワーク


先日紹介したThe Work。
続けていますが、すごくいいです。

でも、一人でやっていると疑問がでてきたり
あとは、軽く流してしまったりすることがあります。
そうすると、やっぱり心の底から納得のいくものが
導き出されなかったり
しっくりこなかったり。

できれば、他の人の前や
誰かとペアを組んでできると
自分の思い込みにより気づくことができるようです。

今日は、初めて「ペアワーク」というものをやりました。
これは、あらかじめ決められた相手とペアを組み
電話でワークを行うというもの。
約30分くらいでできました。

やはり、一人で行うより
深く考えながらじっくりとできるので
効果を実感しました。

また、相手の方のワークを
自分に置き換えて考えてみたりして
それもよい勉強になります。

私は今日は怪獣くんにたいして
ちょっとイライラモードだったので
それをワークしてみました。

どうなったかは、また後日ご報告しますね。
Mariさんからも、とてもよいアドバイスをいただいたので
そのときにご紹介させていただきます。

ワークをした後は、自然と口角があがっているんですよ。
続けていたら、きっと顔も変わるんじゃないかな?

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2007-10-13 00:37 | The Work

The Work


The Workのワークショップに行ってきました。

私は溝口あゆかさんのblogで
The Workのことを知りました。

The Workはシンプルでパワフル!

基本的にはシンプルな4つの問いかけを
自分の思い込みに対して行います。

~その考えは本当ですか?

~その考えが絶対に本当であると、あなたは言い切れますか?

~その考えがあるとき、あなたはどういう気持ちになりますか?

~その考えが消えたら、あなたはどうなりますか?

そして、最後に考えの置き換えを行います。

「彼が、彼女が~だから、私はいつも困っている」
という考えであったら
「彼、彼女」→「私」や「私の思考」に置き換えたり
「いつも困っている」→「いつも困っているわけではない」に置き換えたりして
それが、真実であるという具体例を3つ挙げます。

これがちょっと最初はうまくできなかったりもしますが
この置き換えによって
真実と思っていたことが
いかに自分の思考が作りだしたネガティブな
思い込みであったのかということに自分自身で気づくことができます。

私はほんとに何度も「あ~!」って
叫んでしまったくらい。

でもこれだけでは、きっとよく理解できないと思います。
ご興味のある方は
今回のワークショップでThe Workを教えてくださった
Mariさんのblogも読んでみてくださいね。

Mariさんが、The Workのことを
お掃除に例えてお話されていたのですが
本当に、自分の心のお掃除だなって思いました。

今の私はワークショップで少し大きなゴミを出してきたので
今はかなりスッキリしていますが
ほこりやゴミが日々たまっていくように
ネガティブな思いも、日々積もっていきます。

上手なお掃除方法を教わってきたので
これからは、毎日続けていきたいですね。

c0124790_1093144.jpgThe Workの生みの親、バイロン・ケイテイの
「探すのをやめたとき愛はみつかる」今、読んでいます。


  さいごに
  更新が滞ってしまって
  ごめんなさい
  ご心配してくださった方々
  ありがとうございます。
  親子ともども元気でがんばってます!
  

 
今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2007-10-01 10:14 | The Work
line

IFAセラピストのママとこどもとアロマのこと


by aroma-honeysuckle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31