Honeysuckle~ママがセラピストになるとき

honeysuckl.exblog.jp ブログトップ

コントロールしようとしない

今まで
こどもと向き合うには
「愛と共感」を持って接すること

そんなふうに思ってきました

あ、それができているかどうかは
また別問題ね(^_^;)

もちろんそこはとっても大切なんだと思います

あと、「受け入れること」
これにも集中していました

でも、共感できないこと
受け入れられないことをされたとき
すごく「???」だったんです

これを受け入れるの?
それがありのままの彼だから?
でも、私はイヤなんだけど・・・

とりあえず否定しちゃだめよね
彼の気持ちに共感しつつ
私はイヤということを伝えよう

などと、母は日々考えながら
超自然児?自由人?のわが子を眺めていたのです

でも、先日Mariさんに
「受け入れるということを勘違いされてますね
 要は相手をコントロールしようとしないことなんですよ」
と教えていただき
ものすご~く気持ちが楽になりました!

無理に相手の気持ちをわかる必要もないし
共感する必要もない

もちろんイヤだという気持ちを伝えてもOK

思わず「やだ~早く教えてくださいよ!」って
言いたくなってしまったくらい
ものすごくシンプルなことだったんですね

きっとMariさんはどこかで
教えてくれていたのでしょうが
本当に勘違いしてた(^^ゞ

今までどれだけ「受け入れなくちゃ」というエゴに
苦労してきたか・・・・

コントロールしようとしないで
言葉をかけると
なんていうのかな
変な威圧感みたいのがないからか
言葉そのものがうまく伝わる感じです

こどもは敏感だから
言葉の下にかくれているものを
感じ取るんでしょうね

私も彼をコントロールしたくて
何かを言っているわけじゃないから
いいかんじに力が抜けてるんでしょうね

でもさ、たぶん元気な男の子を持つ方なら
少しわかっていただけるかと思うのですが
男の子って本当に「??????」ということを
いろいろやらかしてくれるよね

まぁ、本当に笑えることもいっぱいあって
一緒にいておもしろいんだけどね(^_^;)c0124790_0144970.jpg


西原理恵子さんの「ああ息子」を読むと
あ~みんなおんなじだぁ
って安心しちゃう母は
全国にきっとたくさんいるよね
今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2008-10-09 00:16 | The Work
line

IFAセラピストのママとこどもとアロマのこと


by aroma-honeysuckle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31