Honeysuckle~ママがセラピストになるとき

honeysuckl.exblog.jp ブログトップ

フォーカシング


昨日からフォーカシングの本を読み始めました

まだまだ読み始めたばかりですが
これがなかなかのヒットの予感です

今日、その本の書いてあるとおりに

「やさしく思いやりをこめて
 こころから受け止めてあげる姿勢で
 からだに耳をかたむけ
 内なる自己が私に伝えるメッセージを聴いてみる」

ということを試してみました

すると、しばらくたってから
小さいころの私がでてきました

母が誰かと話しています
その内容は、ごくふつうのありふれたものでしたが
その言葉を聞いた小さな私は
「こうするとお母さんがよろこんでくれるんだ」
と思い込んでしまったようです

ふ~ん、なるほど・・・

そんなたった小さな出来事なのに
それは私の価値観を大きく決定することになったみたいです

まあ、覚えていないだけで
そういう出来事が何回かあったのかもしれませんね

それで、このことがいいとか悪いとかではなくて
そんな小さな出来事でも
子供はそのあと何十年も
そのときに自らつくった信念をもって生きていくのね
と、改めて親である私が子供に与える影響の大きさを感じ
ちょっとこわくなってしまったのでした

子供は6歳までは
主観的にしか物事をみることができないので
例えば親が仕事で忙しくて相手をしてもらえなかったとしたら
「自分のせいで相手をしてもらえないのだ」
と思ってしまうそうです

その思いは、深層心理の深い部分に形成されて
その後の思考や行動に大きな影響を与えるのだとか・・・

我が家なんて
6歳のときにお父さんが子供から離れていってしまったのですから
もちろんそれまでの環境だって
きっときっと子供が心から安心できた環境ではなかったでしょう

でも、過去のことは考えても仕方がない

私はそのときの私のベストを尽くしていました
おそらく夫もね

だから今わたしにできること

それは、フォーカシングのように

 「子供に寄り添い、やさしく思いやりをこめて
 こころから受け止めてあげる姿勢で
 こどもの気持ちに耳をかたむけ
 彼が私に伝えるメッセージを聴いてみる」

・・・そういうことなんだよね

もちろん、私の内なる声を聴いて
私自身を受け入れられることも忘れずに・・・


そうそう、あれから毎日吸玉やってます
お風呂上りに、こどもと交代でやりっこしています♪?
c0124790_22391413.jpgこれがなかなかいい感じ

吸玉コミュニケーション?

私の背中は予想通り
すごいことになってるけどね(^_^;)

明日は吸玉セットもって実家へ行ってきます
「父の日」のプレゼントは吸玉とマッサージなのだ♪

私が読んでいる本はコチラ
もしよい本があったら教えてください

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2008-06-14 00:05 | 日々思ったこと
line

IFAセラピストのママとこどもとアロマのこと


by aroma-honeysuckle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31