Honeysuckle~ママがセラピストになるとき

honeysuckl.exblog.jp ブログトップ

グループセラピー

 c0124790_2110888.jpg
昨日はMariさんの主催する
The Workのグループセラピーに
参加してきました

テーマは
「恋愛・結婚における
  新たなパートナーシップの形」

今回は初めての試みということで
参加者は私を含めて3名
モニターとして参加させていただきました

私はもっちろんワークするべきテーマは
夫とのことです

ここをクリアーにするのは
本当に大変

ワークを知ってから
何度もこのテーマについては
取り組んできましたが
スッキリしたと思っていたのに
まだまだこんなものがっ!!(゜o゜)
・・・とザックザックと古い感情がよみがえってくるんです

まずは、今夫についてどう感じているか
ワークシートに書き込んでいきます
質問は6つ

このとき遠慮はいりません
もう、どんな言葉を使ってもいいんです

とにかく、あのとき感じたいやぁ~な
「もう味わいたくない、感じたくない」と忘れようとしていた感じを
もう一度、しっかりと、どっぷりと感じきるのです

味わいつくすってかんじでしょうか

その感情がよみがえってくるということは
時間として過去のことであっても
私の頭の中ではまだまだ生きている感情です

これを無理に忘れようとしたり
この感情にふたをしてしまったりすると
昨日も書いたように
ずっとあとになって
ほかの部分ででてきてしまったりするわけです

私は夫に無視されていたときの
冷たく、硬く、とても威圧的な感じを
また味わいました

そう、もうぜったいにあんな思いはしたくない!
って思ったあの感じです

3人全員がそれぞれの感情をしっかりと味わってから
今度は書き込んだ6つの答えのなかで
もっとも強く感じるものをひとつ選んで
それについてMariさんがファシリテーターとなって
一人ずつワークしていきました

グループセラピーのよいところは
ほかの人のワークも
結局はそれも自分のテーマであったりするところですね

しかも、
「自分のことではないけれど自分も持っている要素」
についてだから、とても客観的に
自分自身をみつめることができるんですね

そして、実はそれが
私が無意識のうちに避けているテーマだったりもして
本当に「これは私のためのワークだ」って
何度も感じました

「客観的に・・・」と言いつつ
ほかの人のワークでウルウルしてしまいました(^_^;)

そして、私自身のワークでは・・・

「冷たく、硬く、とても威圧的に無視」
をしていたのは
私が私自身の、私のハートの声を
ずっとそうやって無視し続けてきたのだ!
ということに気がついたとき
本当に、本当に体の力がふっと抜けて
涙があふれてきました

いま、夫にはいろんな意味で感謝をしています
それは、本当の気持ちだけど
あのときの恐れの感情は
うまく手放すことができませんでした

でも、実は私のハートが
「もう私に私の本当の声を無視されることは
 ぜったいに、二度と体験したくない」
という強いメッセージだったんですね・・・

恐れていたのは
夫に投影した自分の姿でした

ちょっと前進です

きっとワークしたみんなのパワーが
相乗効果ではたらいてくれたんだな・・・

Mariさんに、そして一緒にワークしてくださった方に
本当に感謝です

そして、いつもこどもを習い事につれていってくれて
私の話をきいてくれる大切な友人に感謝です!
いつも本当にありがとう

12/23には「お金について」のグループセラピー
があるそうなので
仕事の調整ができたら参加したいなぁ♪

さて、そのワークからの帰り道
お友達にバッタリあったら
「どうしたの~?そんなとびきりの笑顔で!
 あなたの周りにお星様がキラキラ☆してるよ~」
と言われました

相変わらず、わかりやすいんだね
わたしって・・・(^_^;)

そして、もちろん昨日の怪獣センサーは
まったく作動せず・・
平和な夜を過ごしたのでした

写真は友人からいただいた「八宝茶」
キレイだなぁ~

今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします→
人気blogランキングへ
[PR]
by aroma-honeysuckle | 2008-11-29 21:11 | The Work
line

IFAセラピストのママとこどもとアロマのこと


by aroma-honeysuckle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31